知っておきたい!コーヒー豆の種類と焙煎の違い!

トレンド
スポンサーリンク



コーヒーは今や世界的に愛される飲み物で、日常的にコーヒーを飲んでいる方も多いと思います。コーヒーはとても奥が深い飲み物で、豆の種類や焙煎方法によって味わいが変わることをご存知でしょうか?

普段から飲んでいるコーヒーはいったいどのようなコーヒーなのか?そして自分が好きなコーヒーはどのようなものなのかを知ることで、更に自分にぴったりのコーヒーを見つける事ができると思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います!

コーヒー豆の特徴の違い

コーヒーには、生産国や産地によって味や香りに傾向があることはご存知な方もいらっしゃると思いますが、あまり詳しく分からない・・・という方もいると思いますので、それぞれどのような特徴があるのかまとめてみました!

産地別コーヒー豆の特徴

銘柄特徴
ブラジル酸味と苦味のバランスがよく、万人受け
モカフルーツのような酸味、コク
グアテマラフレッシュな酸味、甘い香り
コロンビアナチュラルな甘さと重厚感
キリマンジャロ強い酸味・コク・甘い香り
マンデリンしっかりした苦味とコク、酸味は控えめ
ブルーマウンテンバランスが良く、コーヒーの王様と称される

ブルーマウンテンはコンビニなどでも売られていたりするので、飲んだことも多いかと思います。飲みやすくて一番万人受けでコーヒーの王様と称される豆なので、見つけた際はぜひ飲んでみて下さい!



焙煎(ロースト)による味わいの違い

豆の種類だけでなく、コーヒーの味わいを左右するのがこの『焙煎(ロースト)』です。

焙煎とは、コーヒーの生豆を煎る加熱作業のことです。

コーヒー豆の焙煎は、【浅煎り】【中煎り】【深煎り】の3つに分けられます。

焙煎の度合いによって、コーヒーの風味、コク、苦味、香りまで全く異なりますので、自分がどの焙煎の度合いが好みなのか知っておくことで、これからコーヒーを飲んだり、豆を購入する時に自分にピッタリなものを選ぶことができると思いますので、是非知っていただければと思います!

筆者は酸味のあるコーヒーよりは、苦味とコクがある方が好みなので、ミディアムローストやハイローストあたりが好みです。一般的に飲みやすいのがミディアムローストあたりだと思いますので、もし豆を購入する際に迷ったらミディアムローストがオススメです!

フレンチ、イタリアンローストは苦味がとても強いので、苦味が好きな方か、ミルクや豆乳で割って飲むのに適しています。

お店の豆乳ラテなどは実際にエスプレッソを混ぜて作られていますので、自宅でもラテを楽しみたいという方にはオススメです!

ストレートとブレンドの違いとは?

ストレートコーヒーは、その豆の種類100%というもので、その豆の風味や味わいを存分に楽しむことができるので、玄人向けでコーヒー豆にこだわって飲みたい!という方におすすめです。

ブランドとは、他の豆を混ぜることによりバランスの良い味に調節することができるため、万人向けと言えます。各お店が独自の配合でブランドコーヒーを作っているので、ブレンドコーヒーといっても、お店ごとに味わいが異なります。

自分でも好きな配分で混ぜてオリジナルブランドを作ってみてもいいですね!

コーヒー選びに迷ったら・・・

自分に合うコーヒーが分からない、色々試してみたい!という方にはこちらがおすすめです!

なんと無料で自分に合うコーヒーが診断できちゃいます!

自分に合うコーヒーが分かったら、そのコーヒーを試してみたいですよね?定期便なら、そのあなた好みのコーヒー3種類が毎月届くので、自分好みのコーヒーが飲めるのでおすすめです。




色々試してみたいけど、色々な豆を購入するのはちょっと・・・という方にはぜひ試して頂ければと思います!

最後に

コーヒーは知れば知るほど奥が深いので、豆の種類や焙煎方法などの違いをぜひ楽しんで頂いて、自分好みの味を見つけて頂ければもっとコーヒーが好きになると思います!

次の記事ではコーヒーの挽き方と抽出についてお話ししたいと思うので、ぜひそちらもご覧ください!

以上marumoroでした!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました